法律を守るための役割

法律の専門家、司法書士

トップ / 法律の専門家、司法書士

法律のプロフェッショナル

現在日本には、沢山の法律に関係の有る仕事が有ります。法治国家なので当たり前の事なんですが、弁護士、検事、裁判官、司法、行政両書士等幾つも有ります。法の番人である裁判官、法の正義である検事、被告を守る弁護士、一般市民に寄り添った業務の司法、行政両書士、何れも資格を取得するには、並みの勉強では試験に合格できません。どの職種も、法律においてはプロフェッショナルでなければいけません。身近な司法書士ですら合格率は4%です。司法業務の経験者が多いみたいですが、そういう人達が居る事で法治国家としての日本が守られています。

司法書士は債務整理も行います

司法書士といえば、誰もが思い出すのが登記関係の仕事でしょう。しかし、最近は法律の専門家である弁護士に次いで、登記以外の仕事も請け負うようになってきています。たとえば、債務整理を請け負うことができます。この場合は任意整理、自己破産そして個人再生のいずれも可能ですし、弁護士よりも着手金や報酬が安いこともあります。また、法律の相談は無料です。ただし、自己破産などの債務額が140万円を超える場合は、本人が申し立てることになりますが、書類の作成は請け負ってくれますし、申立にも同行してくれます。他に特定調停の場合、本人が調停に出られない時に代理で出てくれることもあります。ただし、特定調停を依頼した場合には、自分でやると1万円以内で済むのに比べ、5万円から20万円ほどかかります。

法律上の資格と内容の情報